スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12兆円成長戦略でEU合意、伊スペインは署名留保

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120629-00000013-jij_afp-bus_all

EU首脳会議の結果を受けて、ユーロドルで250pip、ユーロ円も2.5銭と大幅に上げ、大陽線となっています。
チャート的には一旦の底打ちを示唆する大陽線となっており、ギリシャをきっかけに下げ始めた部分の戻りを試すことになるでしょう。
来週の相場は要注目です。来週の上げ方次第では週足レベルでのトレンド転換もありえます。
FX ポータル ←MT4の24時間稼働にオススメ

スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

増税で為替はどうなるか

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/569800/

消費税増税の採決がそろそろ行われそうですね。為替への影響を考えてみましょう。
基本的に財政が健全方向に進むということで、円の安全通貨としての価値が高まるとは考えられます。
また、世界で緩和路線が進んでいる中での動きなので際立つ増税となるでしょう。
ですので、円高を予想としたいと思います。また、株のほうがより分かりやすく下がるのではないかと考えられます。
最も株の場合は一旦は上がるかもしれませんが、再び円高に押されて下がってくるのではないかと思います。
FX ポータル ←MT4の24時間稼働にオススメ

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

iCustomの記述例

今回はiCustomの具体的な記述例を書きます。
今回はエンベローブの値を取得してみます。
まず、必要なパラメータを調べる必要があるので、1回チャートにエンベローブを追加してみます。
するとパラメータが以下の設定であることが分かります。
sample.png

ではiCustomに値を入れていきましょう。関数は以下のようになっています。
double iCustom(string symbol, int timeframe, string name, ..., int mode, int shift)

symbol,timeframeは他のテクニカル指標を取得する関数と同様です。例ではNULL、PERIOD_M5としています。
次にnameはテクニカル指標のな前である"Envelopes"となります。
次に…の部分にパラメータを入れていきます。エンベローブの場合には、期間、表示移動、移動平均の種類、適用価格、偏差を記述します。選択式の項目では文字列扱いで選択肢を""で囲めば使えます。下の例では上記画像と同様に設定しています。
modeでは何本目の線を取得するかを記述します。エンベローブの場合は上限と下限なので0か1で指定します。(この線の番号は基本的に色の設定で設定できる線を上から0,1と数えます)
shiftでは何本前の価格を取得するかを書きます。例では1としています。

ではここまでを踏まえてエンベローブの価格を呼び出すコードを書くとこうなります。
iCustom(NULL,PERIOD_M5,"Envelopes",14,0,"Simple","Close",0.1,0,1)

これを用いることで自作のインジケータなどでも値を呼び出せます。是非活用して下さい。
為替レート
↓MT4が使えます



テーマ : MT4自動売買
ジャンル : 株式・投資・マネー

任意のインジケータの値取得

MQL4では自作の物など、任意のインジケータの値を取得する関数が用意されています。
関数はiCUSTOMを使います。

double iCustom(string symbol, int timeframe, string name, ..., int mode, int shift)

引数
symbol…通貨ペア名(NULLだとEAを動かしているペア)

timeframe…時間軸の指定。0であれば、EAを稼働させている時間軸になります。
その他はPERIOD_M1、PERIOD_M5、PERIOD_M15、PERIOD_M30、PERIOD_H1、PERIOD_H4、PERIOD_D1、PERIOD_W1、PERIOD_MN1となります。
(左から、1分、5分。15分、30分、1時間、4時間、日足、週足、月足)

name…インジケータの名前(文字列なので""で囲みます)

… インジケータの引数を入れます。(インジケータをチャートに表示させる時にでる設定項目を全て書きます)

mode…どの線を取得するかを指定します(インジケータによって異なります)

shift…何本前のバーの価格を取得するか指定します。0が現在の価格になります。

これを使うことで任意のインジケータの価格を取得することができます。
次回は使用例をだして使いかたをより分かりやすく説明します。

テーマ : MT4自動売買
ジャンル : 株式・投資・マネー

最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
SBIFXトレード
為替情報
FX 外貨預金FX投資ツール
FX初心者fx
twitter
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

タンヤオドラ

Author:タンヤオドラ
FXにおける基礎知識やテクニカル指標、トレード戦略や業者について解説していきます。
適当に気になったニュースにコメントもつけます
本業は情報系の大学院生だったりします。

https://twitter.com/#!/tanyaoFX

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。